茨城県つくば市・土浦市を拠点に高断熱、耐震設計の新築注文住宅を施工する工務店です。完成見学会も定期的に行っています。

施工情報

2016年3月12日

壁柱① その5

<茨城・土浦・つくばで住宅をお考えならAThome!耐震・工法・構造・断熱は見学会で!>

【壁柱①】


大工工事が終わりました。内装もほぼ終わり、後は建具と畳を入れて完成です。

畳を入れた時です(この時はまだ建具が入っていません)。それとお施主様のご要望で塗装工事もおこないました。お蔭で綺麗に仕上がりました。わかりずらいですが、一部壁柱の穴埋めを行っています(構造上は穴を埋めても問題ありませんが、金物を締めるのに穴が開いていた方がやりやすい)。

今回工事を行っての感想は
①金額的に安価で出来る
②工事がその時の状況に合わせて変更が出来る(木造なので)
③難しい工事がいらない

元々大阪や京都の関西圏でおこなっている工事なので、まだまだこちらでは浸透していません。こないだの京都大の先生のお話しだと「京都市で補助金の獲得を目指している」とおっしゃっていました。これが達成されれば、私も地元の行政庁に交渉してみようと思っています。いずれにせよ、これからの工事になるのは間違いありません。ご興味のある方は資料お送り致します。お気軽にどうぞ!

2016年3月2日

壁柱① その4

<茨城・土浦・つくばで住宅をお考えならAThome!耐震・工法・構造・断熱は見学会で!>

【壁柱①】


壁柱の工事が始まりました。内容的には筋交いの代わりに90角の角材を9本入れて、金物で固定します。地震になると、この構造材が揺れを吸収して、倒壊を防ぐ仕組みになっています。一度この工事のために会社の作業場で仮組をしたので、現場ではスムーズに行う事が出来ました。

2016年2月20日

壁柱① その3

<茨城・土浦・つくばで住宅をお考えならAThome!耐震・工法・構造・断熱は見学会で!>

【壁柱①】


壁柱工法では別途工事になりますが、ベース基礎の工事を行いました。鉄筋を入れて強度を増し、土台と緊結します。

土間打ちをします。打設が終ったら養生期間おいて、いよいよ壁柱の施工に移ります。

2016年2月18日

壁柱① その2

<茨城・土浦・つくばで住宅をお考えならAThome!耐震・工法・構造・断熱は見学会で!>

【壁柱①】


まずは基礎と土台のチェックから始まります。すると白蟻に食われてしまったところを発見。土台がすっぽりなくなってしまいました。という事で右の写真でわかる通り新たに土台を入れ直して修復します。

2016年2月12日

壁柱① その1

<茨城・土浦・つくばで住宅をお考えならAThome!耐震・工法・構造・断熱は見学会で!>

【壁柱①】


今回は耐震工事「壁柱」の施工記録です。築30年以上の旧耐震の建物の耐震をなるべくお金を掛けずに行うのがこの「壁柱」になります。関西で発祥したこの工法はまだ関東では施工事例はほとんどありません。大阪木材連合会と京都大学防災研究所の共同開発になります。詳しくはTOPページの耐震リフォームをご参照ください。

畳を外したら、傷やほこりを防ぐために養生します。下はベニヤや養生シート。壁はビニールシート使用します。

床の下地を外しました。写真の丸の反射はほこりです。すごい量です。