茨城県つくば市・土浦市を拠点に高断熱、耐震設計の新築注文住宅を施工する工務店です。完成見学会も定期的に行っています。

耐震リフォーム

耐震工事の必要性

今後30年以内に、高い確率で発生するといわれている東南海・南海地震や上町断層帯地震。これらの将来予測や阪神・淡路大震災における死因の約8割が住宅の倒壊による圧死であることから、耐震工事の必要性が高まっています。

しかし、「予算がない」「引越しが大変」といった理由で、工事が普及しない実情があります。

耐震リフォームでは、建物全体の補強以外にも、特に1日のうち滞在時間の多い部屋など1部屋のみに限定し、できるだけコストを抑えて補強することが可能です。ご要望やご予算に合わせた、さまざまな耐震補強法があり、ご納得頂いた上で施工いたしますので、お気軽にご相談ください。

吸震工法「壁柱」

地震の揺れをしなやかに吸収し、家屋の倒壊を防止。

京都大学防災研究所と協同特許出願中。信頼性の高い耐震工事として安心できます。
京都大学防災研究所と(社)大阪府木材連合会が共同研究したこの工法は、京都大学防災研究所における「実物大振動実験」で、優れた性能を確認済み。現在共同で特許出願中です。

特徴

40cm変形しても元に戻る、優れた変形性能

間伐材の角材を連結させた「壁柱」は、”固定はするが、完全密着させない”構造のため、柳に風の原理で力を逃がす吸震工法です。振動で40cm変形しても元に戻る、優れた変形性能を発揮します。

阪神・淡路大震災を超える振動にも安心

「壁柱」を8ヵ所に設置した実験では、天井に4トンの荷重を加え、阪神・淡路大震災の1.2倍の振動で5回揺らしました。さらに荷重を12トンに増やした上で、同震災の0.8倍の振動を加えても倒壊しませんでした。
「実物大振動台による動的耐震性能確認試験」にて実証

構造

角材を連結させたパネルで補強

窓やふすま、内壁部分など、「壁柱」を設置する場所の上下に、角材を固定する土台を設置。9cm角、長さ2.7m前後の角材9本を、それぞれボルトや木製ダボ(丸棒)などでしっかり連結させパネル状の耐震壁をつくります。

標準工程・工事費

基本タイプ(倒壊防止型) 四隅8ヵ所施工した場合(作業員2名)

1日目 家具等の移設、 仮設・養生、 既存壁の撤去、 残材処理、 「壁柱」工事
2日目 「壁柱」工事
3日目 「壁柱」工事
4日目 「壁柱」工事、 美装、 家具等の移設
仮設・養生費 30,000円(税抜) 解体撤去費 100,000円(税抜)
残材処分費 50,000円(税抜) 木材・金物費 300,000円(税抜)
大工手間 200,000円(税抜) 運搬費 20,000円(税抜)
雑工事 150,000円(税抜) 諸経費 50,000円(税抜)
    合計 900,000円(税抜)

※上記作業工程はあくまで目安です。工事内容によっては、費用が変動する場合があります。

だからオススメ!吸震工法「壁柱」

ポイント1、ローコスト(安価)

「壁柱」は大がかりな耐震工事に比べて、工期が短く、しかも間伐材利用なので、最低90万円(※)から設置できます。また、予算に応じて一壁ずつ、数年かけて補強していくことも可能です。
※一部屋の四隅、8ヵ所に「壁柱」を設置の場合

ポイント2、引越し不要

一部屋だけに「壁柱」を設置する場合なら工期が短く、引越しや仮住まいの必要がないので(※家の要補修具合による)、住空間を生かした耐震補強ができます。

ポイント3、一部屋でもOK

居間や寝室など、長く過ごす一部屋からはじめて、徐々に家全体を「壁柱」で耐震補強すれば、さらに安心感も高まります。

ポイント4、環境保全に貢献

「壁柱」は、樹木の成長を促すために間引いた間伐材を利用してつくられているので、山や樹木など環境にもやさしい工法です。

ポイント5、杉は健康によい

杉には、空気中の有害物質を吸収し空気を浄化する力があります。杉材を使った「壁柱」は、健康的で快適な空間づくりにも役立ちます。

耐震リフォームについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

構造・工法・金物

新高断熱

建築コラム

お得情報

スタッフブログ

株式会社エダカワ 土浦営業所
茨城県土浦市田中2-15-28

アクセス

TEL : 029-835-3620 FAX : 029-835-3721