茨城県つくば市・土浦市を拠点に高断熱、耐震設計の新築注文住宅を施工する工務店です。完成見学会も定期的に行っています。

構造・工法・金物

基礎

基礎は建物からの力を地面に伝達する大きな役割があります。その為、いくら豪華な建物でも基礎が貧弱では何の意味もありません。

通常他社では異形鉄筋13mmを200mmピッチで配筋する所、当社では異形鉄筋13mmを150mmピッチで配筋し、基礎巾も120mmが通常の所、150mmと言う強固な基礎が標準仕様です。また、基礎配筋時、アンガーボルト埋設時の2回の現場チェックをおこない、更なる品質向上を目指しています。

基礎断面図

工法・構造

弊社の工法は在来工法(柱・梁桁工法)・鉄骨工法を採用していますが住宅の場合、主に在来工法になります。土台(4寸)はツガ・ヒノキ・ヒバを使用。柱(4寸)はスギ・ヒノキを使用。梁・桁(4寸)は主に米松を使用しています。

最近では一般的になりました、1、2階床は24mm合板を使用した剛床仕様(水平構面が強化されます)になります。余談ですが弊社でも年に1回あるかないかになりましたが、上棟時の餅まきはとてもよい思い出に残る行事ですのでお勧めです(少ない予算で十分可能です!)。

工法・構造

耐力壁

在来工法における重要な耐力壁仕様は主に筋交仕様とパネル仕様があります。弊社は両方採用しています。筋交の場合、太さが105mm×45mm(通常は90mm×45mm)を使用しています。

パネルの場合は、構造用合板と構造用パネルを併用しています。勿論、筋交とパネルの併用もあります。

耐力壁

金物

金物は筋交いの数や向きによって、計算された数値により適切な金物を適切な場所に配置しなければなりません。 配置を間違えると筋交いや壁下地に干渉したり、1つでも金物が不正確に取り付けされていると計画通りの耐力が出ませんので、当社では全棟、金物1ヶ所1ヶ所こまめにチェックして行きます。

リトルコーナー合板仕様

リトルコーナー合板仕様

柱と横架材を固定する金物です。
おもに建物内部や筋交い計算により算出された場所に設置します。

ホールダウン金物

ホールダウン金物

基礎と柱を固定する金物です。
おもに建物の角や筋交いの計算により大きな耐力のかかる場所に設置します。
4つのおおきさがありますが、耐力のかかる大きさが大きい程、サイズアップしていきます。

筋交い金物

筋交い金物

筋交いと柱を固定する金物です。
全ての筋交いの上下に設置します。
こちらの金物もビスの数が決まっています。

短冊金物

短冊金物

横架材と横架材を緊結する金物です。
横架材には横架材と横架材を繋げるために仕口と呼ばれる加工をしますが、仕口に補強が必要な場所に設置します。

お問い合わせ

構造・工法・金物

新高断熱

建築コラム

お得情報

スタッフブログ

株式会社エダカワ 土浦営業所
茨城県土浦市田中2-15-28

アクセス

TEL : 029-835-3620 FAX : 029-835-3721